地域設定

北部山沿い(高千穂)の警報・注意報

  • 特別警報
  • 警報
  • 注意報
  • 解除

福岡地方と北九州地方の沿岸の海域では、20日明け方まで強風や高波に注意してください。
九州北部地方は、湿った空気の影響により曇りで雨や雷雨となっている所があります。
19日の九州北部地方は、湿った空気の影響により、曇りや雨となり雷を伴う所があるでしょう。
20日の九州北部地方は、前線や湿った空気の影響により、雨で雷を伴い激しく降る所がありますが、次第に曇りとなるでしょう。
波の高さは、対馬海峡では、19日と20日は2.5mでしょう。九州西海上では、19日は3m、20日は2.5mでしょう。豊後水道では、19日と20日は4mでうねりを伴いしけるでしょう。
福岡県の内海は、瀬戸内側では、19日と20日は1.5mでしょう。有明海では、19日と20日は0.5mでしょう。<天気変化等の留意点>筑後北部では、19日18時から20日18時までの降水量は、多い所で1時間に15ミリ、24時間に30ミリの見込みです。(5/19 16:42発表)

種子島・屋久島地方では、20日朝まで土砂災害に厳重に警戒し、薩摩、大隅地方では、20日明け方まで土砂災害に警戒してください。
九州南部は、概ね雨となっています。
奄美地方は、晴れや曇りで雨の降っている所があります。
九州南部は、19日は気圧の谷や湿った空気の影響を受けるでしょう。20日は前線や湿った空気の影響を受ける見込みです。
奄美地方は、19日は高気圧に覆われるでしょう。20日は梅雨前線や湿った空気の影響を受ける見込みです。
九州南部では、19日は雨で雷を伴い非常に激しく降る所があるでしょう。20日は雨や曇りとなり雷を伴い激しく降る所がある見込みです。
奄美地方では、19日は晴れで次第に曇りとなり雨の降る所があるでしょう。20日は曇りで次第に雨となり雷を伴い激しく降る所がある見込みです。
海上では、19日から20日にかけてうねりを伴いしけとなる所があるでしょう。
桜島上空およそ1500mの風
19日15時



南東の風19m
20日09時の予想
西の風6m<天気変化等の留意点>
屋久島町では、19日は雨で雷を伴い非常に激しく降るでしょう。20日は雨で雷を伴い激しく降る所がある見込みです。
屋久島町では、20日朝まで土砂災害に厳重に警戒してください。また、河川の増水、うねりを伴った高波、落雷や突風に注意してください。(5/19 23:30発表)