小笠原諸島では、31日昼前まで土砂災害に警戒してください。
関東甲信地方は緩やかに高気圧に覆われています。一方、東日本の上空は寒気を伴った気圧の谷となっています。
東京地方は、おおむね曇りで、雨の降っている所があります。
31日は、緩やかに高気圧に覆われますが、湿った空気や上空の寒気の影響を受けるため、曇りで時々晴れますが、昼過ぎから夜のはじめ頃は、雷を伴い激しい雨の降る所がある見込みです。伊豆諸島では、昼前まで雨や雷雨となる所があるでしょう。
8月1日は、緩やかに高気圧に覆われますが、湿った空気や上空の寒気の影響を受けるため、曇りで時々晴れますが、午後は雨や雷雨となる所がある見込みです。
【関東甲信地方】
関東甲信地方は、曇りや晴れで、激しい雨の降っている所があります。
31日は、緩やかに高気圧に覆われますが、湿った空気や上空の寒気の影響を受けるため、曇りや晴れで、雷を伴い激しい雨の降る所がある見込みです。
8月1日は、緩やかに高気圧に覆われますが、湿った空気や上空の寒気の影響を受けるため、曇りや晴れで、午後は雷を伴い非常に激しい雨の降る所があるでしょう。
関東地方と伊豆諸島の海上では、31日から8月1日にかけて、うねりを伴い波がやや高いでしょう。(7/31 4:38発表)