阿蘇山の火山情報

2021年6月19日 16:00発表

火山の状況に関する解説情報 第014号

福岡管区気象台

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時)

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
阿蘇山では、火山性微動の振幅は小さくなり、その他の観測データに特段の変化がないことから、現時点で火山活動が活発化する兆候は認められません。

火山の活動状況など

 阿蘇山では、昨日(18日)09時40分頃から火山性微動の振幅が増大し、中岳西山腹観測点南北動の1分間平均振幅で一時的に2.5マイクロメートル毎秒を超えるなど、やや大きな状態となりました。その後、振幅は次第に小さくなり、昨日15時以降は概ね小さい状態で経過しています。

 中岳第一火口では、本日(19日)は15時までに、白色の噴煙が最高で火口縁上300mまで上がりました。

 GNSS連続観測では、深部にマグマだまりがあると考えられている草千里を挟む基線で、2020年7月頃から続いている縮みの傾向に変化はありませんでした。

 火山性微動の振幅は小さくなり、その他の観測データに特段の変化がないことから、現時点で火山活動が活発化する兆候は認められません。

防災上の注意事項など

火口内では、土砂や火山灰が噴出する可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。
地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。
今回の火山活動の状況の変化に伴い発表していた、火山の状況に関する解説情報(臨時)の発表はこれで終了します。
なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

阿蘇山の過去の火山情報