西之島の火山情報

2020年6月16日 16:00発表

火山の状況に関する解説情報 第003号

気象庁本庁/気象庁地震火山部

火山名 西之島 火山の状況に関する解説情報

<火口周辺警報(入山危険)が継続>
西之島で噴火が引き続き確認されました。

火山の活動状況など

 海上保安庁が昨日(15日)午後に実施した上空からの観測によると、4月、5月と比べ活発な噴火活動が確認され、山頂火口から連続的に噴火が発生しており、灰褐色から黒褐色の噴煙が激しく噴出し、約2000mの高さまで達したほか、中央火砕丘の麓まで大きな噴出物の飛散が認められました。また、中央火砕丘の北東側の中腹から溶岩が西之島の東岸方向へ流下し、海へ流出しており、溶岩流の先端から水蒸気による白煙が発生し、茶褐色の変色水が認められました。
 昨日(15日)発表した降灰予報において、西之島の東約130kmの父島周辺で少量の降灰が見込まれたことから、本日(16日)気象庁が降灰の聞き取り調査を実施したところ、父島では降灰は確認されませんでした。
 気象衛星ひまわりの観測によると、西之島付近で周囲に比べて温度の高い領域が引き続き認められていることから、活発な噴火活動が継続していると考えられます。

防災上の注意事項など

山頂火口から概ね2.5kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石や溶岩流に警戒してください。

次回の発表予定

火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。