焼岳の火山情報

2018年11月29日 16:00発表

火山の状況に関する解説情報 第010号

気象庁本庁/気象庁地震火山部

火山名 焼岳 火山の状況に関する解説情報

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
焼岳では、22日09時頃から山頂の北西1kmから2km付近を震源とする地震の多い状態が継続しています。
この地震に関連して、浅部の火山活動の活発化を示す現象は認められていません。

火山の活動状況など

 焼岳では、22日09時頃から山頂の北西1kmから2km付近で海面下約3kmのやや深いところを震源とする活発な地震活動が継続しています。
 やや振幅の大きな地震(南峰南東観測点の上下動で30μm/s以上)の発生回数は、24日をピークに減少し、28日に56回、本日(29日)は15時までに22回となっています。また、23日から28日までに高山市奥飛騨温泉郷栃尾で震度1以上を観測した地震は47回(うち震度2が6回)発生し、本日(29日)は15時までに震度1以上を観測した地震は発生していません。
 山頂付近の浅い場所で発生する低周波地震や火山性微動は観測されておらず、また、地殻変動や噴煙の状況にも特段の変化はありません。
 これらのことから、浅部の火山活動の活発化はみられていません。

防災上の注意事項など

山頂付近では噴気や火山ガスの噴出に注意してください。
登山する際はヘルメットを持参するなどの安全対策をしてください。

次回の発表予定

次の火山の状況に関する解説情報は、30日(金)16時頃に発表の予定です。
なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ