北海道駒ヶ岳の火山情報

2017年12月6日 16:00発表

火山の状況に関する解説情報 第011号

札幌管区気象台

火山名 北海道駒ヶ岳 火山の状況に関する解説情報(臨時)

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
北海道駒ヶ岳では11月26日に規模の小さな地震がやや増加しましたが、27日以降は概ね少ない状態で経過しています。現地調査を含め、観測データに特段の変化はなく、現時点で火山活動が活発化する様子は認められません。

火山の活動状況など

 北海道駒ヶ岳では11月26日に山頂の浅い所を震源とする規模の小さな火山性地震がやや増加しましたが、27日以降は概ね少ない状態で経過しています。
 これまで地震活動以外に特段の変化は認められていません。
 12月5日に実施した現地調査では、昭和4年火口や明治火口の地熱域や噴気の状況に特段の変化はありませんでした。
 以上のように、現時点で火山活動が活発化する様子は認められません。

 火山性地震の発生回数は以下の通りです。
           山麓観測点の地震回数  山頂観測点の地震回数
 11月26日            4回         44回
 11月27日            0回          1回
 11月28日            0回          2回
 11月29日            0回          0回
 11月30日            0回          1回
 12月 1日            0回          1回
 12月 2日            0回          0回
 12月 3日            0回          0回
 12月 4日            0回          6回
 12月 5日            0回          0回
 12月 6日(15時まで)     0回*         0回*
 *印は、精査の結果、後日変更することがあります。

防災上の注意事項など

活火山であることから、規模の小さな噴出現象が発生する可能性がありますので留意してください。
11月26日の地震増加を受けて発表していた火山の状況に関する解説情報(臨時)はこれで終了します。
火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

火山関連ニュース

AIとチャットで気分にぴったりの旅選び