つゆ【梅雨】

春の終わりから夏にかけて、くもりや雨の日が多くあらわれる現象。これは日本付近に梅雨前線が停滞するためである。「梅雨の中休み」とは梅雨の天気が一時中断したようになること。梅雨の終わりごろには大雨が降ることが多い。 7月の中旬を過ぎた頃、太平洋高気圧の勢力が強まり、梅雨前線を北に押しあげる。これが「梅雨明け」である。