たいりゅうけん【対流圏】

地上から約10kmまでの大気の層。高度は季節や緯度によって異なる。対流圏では上空に行くほど、気温が下がる。