こうきあつ【高気圧】

周囲に比べて気圧が高いところを高気圧という。天気図では等圧線が円形やだ円形に閉じていて、「高」または「H」とかく。高気圧の周りの風向は時計回りに変化している。日本付近の高気圧には、シベリア高気圧、移動性高気圧、オホーツク海高気圧、北太平洋高気圧(小笠原高気圧)がある。シベリア高気圧やオホーツク海高気圧は冷たく背の低い高気圧、移動性高気圧や北太平洋高気圧は暖かく背の高い高気圧である。