きあつのたに【気圧の谷】

周辺より気圧が低くなっているところ。地上の天気図では等圧線が気圧の低い側に凸の曲線を描いていて、低気圧や前線を含むことがある。一方、上空の気圧の谷は高層天気図で等高度線が南側に凸の曲線を描いているところ。地上の気圧の谷に上空の気圧の谷が接近すると、低気圧が発生、発達する。また高気圧に覆われていても上空の気圧の谷が通過すると、一時的に天気が崩れることがある。