きあつ【気圧】

地球をとりまいている大気(空気)の重さによって生じる圧力のことで、大気圧ともいう。地表からはるか空のはてまで伸びている柱をイメージしたとき、この柱に含まれる空気全体の重さが地表面積1cm2におよぼす力のこと。上空ほど上にある空気の層が薄くなるので空気の重さが小さくなり、気圧が低くなる。地表での気圧の大きさはおよそ1気圧であり、高さ76cm(760mm)の水銀柱の圧力に相当するので760mmHg(水銀Hgが760mm(=76cm)を示すという意味)と表される。なお、天気予報で用いられるhPa(ヘクトパスカル)を用いると1気圧は1013hPa(ヘクトパスカル)と表される。