おんだんぜんせん【温暖前線】

暖かい空気(暖気)が冷たい空気(寒気)の上にはい上がり、寒気を押しながら進む前線。温帯低気圧の前方にみられる。層状の雲(巻雲・巻層雲・高層雲・乱層雲)をともない、通過中は弱い雨が長時間降る。雨の降る範囲はかなり広く(200〜300km)、通過後は気温が上がる。(→寒冷前線)