おほーつくかいきだん【オホーツク海気団】

初夏(梅雨期)および初秋にオホーツク海に発生する気団。海面温度の低い海上で発生するので、湿度は高く、温度が低い。この気団からの北東の風が日本付近にふき込むと、小雨やくもりの天候となる。冷夏、やませをもたらす原因である。オホーツク海気団と小笠原気団の境目に梅雨前線が発生する。