おぞんそう【オゾン層】

地上から20kmから25kmの高さを中心とした場所(成層圏)にあるオゾン*(O3)でできた層。オゾン層のある場所は、緯度によって異なり、日変化、季節でも変化する。オゾンは酸素分子(O2)と、酸素分子(O2)が太陽紫外線を吸収して生じた酸素原子(O)と反応してできたものといわれている。オゾン層は太陽からの紫外線を吸収し、紫外線が地球に届くのを防ぐはたらきがある。オゾン層が減ったりなくなったりすると、有害な紫外線が地球に届くため、皮膚がんや失明などが増える。 オゾン*:酸素原子が3個集まってできた気体分子(O3)。特有のにおいがあり、他の物質と反応しやすい。漂白や殺菌作用がある。