太陽の光の虹色を観察しよう

太陽の光で料理に挑戦

太陽の光っていつもは透明だけれど、ほんとうは何色で出来ているんだろう?
光を分ける分光器という装置は、CDで簡単に作ることができます。早速作って太陽の光を観察してみよう!

用意するもの

  • 黒いケント紙(厚紙)
  • カッターナイフ
  • 定規
  • テープ
  • はさみ
  • のり
  • サインペン
  • CD

※工作するとき、カッターナイフやはさみを使うので、扱いに注意!!

STEP 1

4センチ×7センチ×23センチの箱を作ります。

写真のようにケント紙をはさみやカッターナイフで切り、折り曲げます。

写真のようにケント紙をはさみやカッターナイフで切り、折り曲げます。
光を取り込む窓(写真右側の切り込み)、のぞき穴(写真下側の切り込み)を作ります。
大きさはそれぞれ1センチ×2センチくらいです。
のぞき穴は端から3~4センチのところに作りましょう。

カッターナイフを使うときは気をつけよう!!

STEP 2

光を取り込む窓が細くなるように、ケント紙でスリットを作ります。
スリットの幅は1ミリくらいになるようにしましょう。

STEP 3

サインペンでCDに切るための線をいれ、はさみでCDを切ります。
幅は、4センチ以内になるようにしましょう。

はさみを使うとき、注意!

STEP 4

たて4センチ×よこ13センチの台紙をつくり、その上にCDをテープやのりで固定します。端から1センチくらい離して固定しましょう。
CDはしっかりと固定しよう!!