ペットボトル風車を作ろう

ペットボトル風車を作ろう

♪屋根よ~り~、たーかーい、鯉の~ぼ~り~
五月晴れ、新緑、そして、空高く泳ぐ鯉のぼり。風が心地よい季節となりました。
せっかくなので、この心地よい風でカラフルな風車をまわしてみませんか?

作り方は簡単!飲み終えたペットボトルやハンガーを利用して作ります。
実はこの風車、少し工夫が加えられていて、風向きの変化にも自在に反応します。

では、さっそく作り方を見ていきましょう。

用意するもの

  • ペットボトル(500ml)
  • ハンガー(針金タイプのもの)
  • ストロー
  • ビニールテープ
  • カッター
  • キリ(小型ドリル)
  • ペンチ
  • マジック
  • ハサミ

※工作するとき、カッターやキリを使うので、扱いに注意です!

STEP1

ペンチを使って、ハンガーの針金を伸ばします。

STEP2

ガラスビンのふたをあけて、半分くらいにビーズを入れ、ふたをしっかり閉めます。

ペットボトルのふたと底の中心に、ハンガーの針金が回る余裕がある穴を開けます。(キリや小型のドリルで開けます。)

※かたくて開かないときは、大人に手伝ってもらいましょう。

STEP3

ペットボトルの側面にテープやマジックで色づけをします。

コツは、まわっている姿をイメージすること。
まわると色が混ざるので、大きな模様や、大胆な色使いがお勧めです。

STEP4

羽を作るため、ペットボトルの側面のくぼみに沿って画像のように切り込みを入れます。

羽に角度をもたせるため、上と下の切り込みの長さを1.5cm以上変えるのがポイント!

AIとチャットで気分にぴったりの旅選び