10種雲形(じゅっしゅうんけい)をさがしてみよう

10種雲形(じゅっしゅうんけい)をさがしてみよう

下層雲(かそううん)

<水平に広がった雲>
地上から2000mの低いところにできる雲。
「層雲」(そううん)「層積雲」(そうせきうん)「乱層雲」(らんそううん)があります

層雲-そううん

低いところにできるベール状の雲。
ときには地面すれすれのところに発生することもあります。 別名「きり雲」。

層雲はさらに「好天の層雲」(写真左)と「悪天の層雲」(写真右)と分類されることもあります。
前者は冬のよく晴れた早朝、放射冷却で冷え込んだときに山や湖で見られます。

層積雲-そうせきうん

低いところにできる丸みのあるかたまり状の雲。
畑のうねのように規則正しく並ぶものもあり「うね雲」とよばれることもあります。

乱層雲-らんそううん

低気圧の中心が近づいたときに空を覆う雲。
「雨雲」「雪雲」とよばれるのは乱層雲のことです。

2000m以下の低いところに発生し、時にはさらに低く400~500mほどになることもあります。
乱層雲から降る雨や雪は静かに降ります