お花見名所の天気

さくらの名所を選ぶ

北海道
東北
関東・甲信
中部・北陸
近畿
中国・四国
九州
沖縄
  • 沖縄本島
  • 宮古・石垣
  • 久米島
  • 南大東島

3月14日発表 日本気象協会の桜開花予想

2019年の桜の予想開花日は、全国的に平年より早い予想です。前回予想(3月7日発表)よりは1日から3日遅くなったところが多いですが、来週にはいよいよ桜前線がスタートしそうです。
開花のトップは福岡と愛媛県宇和島で3月18日、熊本や高知、名古屋、岐阜で20日に開花するでしょう。
東京は21日、大阪は26日に開花の便りが届きそうです。4月上旬には平年より1週間程度早く、新潟や長野、仙台で、4月中旬には東北北部で開花するでしょう。
桜前線は4月下旬に津軽海峡を渡り、札幌で4月30日に開花する見込みです。

2019年桜開花予想

この冬(12月~2月)は、寒気の流れ込みが持続せず、暖冬となり、西日本の一部で休眠打破が遅れたと考えられます。
しかし、来週から4月上旬にかけて気温は平年より高く、開花、満開ともに平年より早いでしょう。
ただ、今週末にかけて寒の戻りとなることから、関東を除く多くの地域で前回予想よりは1日から3日遅くなりました。

満開日は開花日の1週間から10日後くらいで、予想満開日が最も早いのは高知と愛媛県宇和島で3月29日です。平年より2日から6日早いところが多く、名古屋や東京は30日、大阪は4月2日の予想です。

今すぐ使える!gooっと一杯アプリ内のクーポンでクラフトビールなどが今だけ最大3杯無料キャンペーン