お花見名所の天気

2018年のさくら見頃情報は終了いたしました。たくさんのご利用、誠にありがとうございました。
またのご利用をお待ちしております。

さくらの名所を選ぶ

北海道
東北
関東・甲信
中部・北陸
近畿
中国・四国
九州
沖縄
  • 沖縄本島
  • 宮古・石垣
  • 久米島
  • 南大東島

5月2日発表 日本気象協会の桜開花予想

北海道では、先週後半から気温が平年より高くなり、特に大型連休前半は7月並みの暑さとなったところが多く、北海道の女満別(めまんべつ)では真夏日となりました。
このため、桜前線が北上するスピードが早まり、広い範囲で平年より3日から1週間も早く開花しました。
4月25日に道南の函館と松前で開花し、26日に札幌、27日に帯広、29日に室蘭、30日には旭川でも開花し、道北や道東の一部を除く、広い範囲で見ごろを迎えています。

北海道では開花から満開までの日数が例年以上に短くなっています。
帯広と旭川では開花翌日に満開(帯広4月28日、旭川5月1日)となり、平年と比べて6日から10日も早い状況です。
今週後半の3日から4日は雨、風ともに強まり、満開を迎えたところでは花嵐となりそうです。

2018年桜開花予想

気温は、大型連休後半から来週にかけても平年並みか高い日が多いと予想され、これから開花するところでも平年より3日前後早く開花する見込みです。
3月15日に高知をスタートした桜前線は5月15日ごろに道東の釧路・根室に到達し、2カ月間に渡る今シーズンの長い旅を終えるでしょう。

今シーズンの桜前線は、例年より日本列島を早く北上し、いつもより早く私たちの目に彩りを与えてくれました。 来シーズンはどのような形で楽しませてくれるのでしょうか。
ご期待ください!