お花見名所の天気

2021年のさくら見頃情報は終了いたしました。たくさんのご利用、誠にありがとうございました。
またのご利用をお待ちしております。

さくらの名所を選ぶ

北海道
東北
関東・甲信
中部・北陸
近畿
中国・四国
九州
沖縄
  • 沖縄本島
  • 宮古・石垣
  • 久米島
  • 南大東島

4月28日発表 日本気象協会の桜開花予想

【開花と満開の傾向】
4月下旬に入り、22日に札幌、24日に帯広、27日に室蘭で開花しました。札幌では平年より11日、帯広では10日、室蘭では9日早い開花となっています。
北海道の桜は、開花からわずか1日後から5日後には満開になり、27日に札幌と帯広で満開となって、北の大地を桜色に染めています。
この先、5月に入ると、旭川では1日、網走で4日、釧路で8日、そして根室で9日に開花して、桜前線はゴールとなるでしょう。

2021年桜開花予想

【今シーズンの開花の振り返り(4月28日時点)】
開花前線は平年よりかなり早く、気象台の観測地点では3月11日に広島でスタートしました。その後、福岡で12日、東京で14日に開花し、いずれも最早記録となりました(※東京はタイ記録)。北陸及び東北地方では、気象台の観測地点すべてで最早記録となっています(※仙台、盛岡はタイ記録)。
桜の開花を観測している気象台全49地点のうち、およそ半分にあたる24地点で統計開始以来の最早記録を更新しました。

※桜の開花・満開の統計開始は1953年