花粉対策特集2017

今日の飛散レベルやコラムで花粉対策!花粉対策特集2017

2017年花粉飛散予測 お天気と花粉 URLをメールで送る

2017年の花粉の飛散量

2017年の花粉の飛ぶ数は?【例年比】

2017年花粉飛散量の例年比
無断転載を禁ず

前シーズンに比べると、2017年は、九州・四国・近畿・東海地方で非常に多く、中国地方で多く飛散する見込みです。
北陸地方はやや多いでしょう。関東甲信地方ではやや少なく、北海道では少ない見込みです。東北地方では非常に少ないでしょう。

また例年に比べると、九州・四国・近畿・東海地方では高温・多照などの花芽が多く形成される気象条件がそろうため、多くの地域で花粉の飛散数は例年を上回る予測となっています。
また、北陸・中国地方では、例年並みの飛散数となる見込みです。
一方、東北・関東甲信地方では、飛散数は例年よりやや少なく、北海道では非常に少ないでしょう。

花粉の飛散量と昨夏の天候

2016年に比べると?【前年比】

2017年花粉飛散量の前年比
無断転載を禁ず

花粉の飛散数は前年の夏の気象条件が大きく影響し、一般に気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散数は多くなります。

2016年の夏は、全国的に気温が高くなりました。日照時間は、北海道・北陸・東海・近畿・四国・九州地方のほとんどで多く、特に九州北部では非常に多くなりました。
一方、北海道では前線や低気圧、台風の接近や上陸などの影響を受け、降水量が記録的に多くなりました。

関連コンテンツ

AIとチャットで気分にぴったりの旅選び