花粉対策特集2022

今日の飛散レベルやコラムで花粉対策!花粉対策特集2022

2022年花粉飛散予測 お天気と花粉 URLをメールで送る

2022年2月17日 発表

2022年の飛散開始の時期

2022年花粉飛散予測 お天気と花粉

2022年スギ花粉前線(飛び始め)予測(無断転載を禁ず)

2月9日~14日にかけて九州地方全域でスギ花粉の飛散が始まりました(※)。
15日には福岡県内で、1平方センチメートルの飛散量が100個を超えたところがあり、本格的な花粉シーズンが始まっています。

この先、広島や高松、東京では2月中旬までに、大阪や名古屋、仙台などでは2月下旬には飛散開始となるでしょう。
2月に入り、周期的に寒気が流れ込んできています。2月上旬は強い冬型の気圧配置となって寒気が流れ込み、日本海側を中心に大雪をもたらしました。その後、南岸低気圧の通過に伴って、太平洋側の地域でも雪や雨となりました。
最新の一か月予報や、2月14日に気象庁から発表された「早期天候情報」によると、この先下旬にかけても、全国的に気温の低い日が続く見込みです。このため、飛散開始が例年より遅れているところが多くなっています。

飛散開始日:1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した場合の最初の日

飛散ピーク時期

スギ花粉飛散のピークは、福岡は2月下旬から3月上旬、高松や広島、大阪、名古屋では3月上旬から中旬の予想です。金沢や仙台は3月上旬から下旬、東京では3月中旬から下旬となるでしょう。
ピークの開始が例年よりやや遅くなるところがある見込みです。

スギ花粉のピークが終わる頃になると、ヒノキ花粉が飛び始め、その後ピークが始まります。
福岡や高松では3月下旬から4月上旬、広島では4月上旬の見込みです。大阪や名古屋、東京では4月上旬から中旬にヒノキ花粉の飛散のピークとなり、時期はほぼ例年並みでしょう。金沢と仙台は、4月を中心にヒノキ花粉が飛散しますが、飛散量は他の地点と比べると少ないため、はっきりとしたピークはない見込みです。