花粉対策特集2021

今日の飛散レベルやコラムで花粉対策!花粉対策特集2021

2021年花粉飛散予測 お天気と花粉 URLをメールで送る

2021年2月19日 発表

2021年の飛散開始の時期

2021年花粉飛散予測 お天気と花粉

2021年スギ花粉前線(飛び始め)予測 無断転載を禁ず

1月半ば頃から平年を上回る暖かさの日が増えて、2月4日(木)には関東で統計開始以来、最も早く春一番が吹きました。2月上旬には九州から関東で広く花粉の飛散が開始しました。東京・大手町では2月13日(土)に飛散開始しています。また、東北南部の一部でも飛散開始となっています。

まだ飛散開始していない東北南部の地域でも、2月中に飛散開始となるところが多いでしょう。
3月上旬から中旬になると東北北部でも飛散開始となる見込みです。

※飛散開始日:1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した場合の最初の日

飛散ピーク時期

2021年スギ花粉前線(飛び始め)【予測】

2021年スギ花粉前線(飛び始め)予測 無断転載を禁ず

スギ花粉の飛散開始は、例年に比べて早いところが多く、ピークの時期もやや早いでしょう。これは、この先全国的に気温が高くなることが予想されるためです。
九州では全域でピーク時期に入っており、2月いっぱいまでピークが続く見込みです。四国でも全域でピーク時期に入り、3月上旬まで続くでしょう。
大阪、広島では、まもなくピークが始まる見込みとなり、名古屋・東京では3月上旬から中旬にピークとなる予想です。金沢・仙台のピークは例年並みで、3月中旬から下旬にかけてとなるでしょう。

スギ花粉のピークが終わる頃になると、ヒノキ花粉が飛び始め、その後ピークが始まります。
福岡では3月中旬から4月上旬、高松や広島、大阪では3月下旬から4月上旬の見込みです。ヒノキのピーク時期も例年よりやや早いところがあるでしょう。名古屋・東京では4 月上旬から中旬にヒノキ花粉の飛散のピークとなる見込みです。
金沢と仙台は、4月を中心にヒノキ花粉が飛散しますが、飛散量は他の地点と比べると少ないため、はっきりとしたピークはないでしょう。