花粉対策特集2019

今日の飛散レベルやコラムで花粉対策!花粉対策特集2019

2019年花粉飛散予測 お天気と花粉 URLをメールで送る

2019年2月14日 発表

2019年の飛散開始の時期

2019年スギ花粉前線(飛び始め)【予測】

2019年スギ花粉前線(飛び始め)予測
無断転載を禁ず

2018年12月から2019年1月にかけて、西日本と東日本は気温が高めで経過しました。
12月上旬には全国的に師走とは思えない暖かさの日があり、4日は、最高気温が25度以上の夏日になったところもありました。
東京の練馬では25度0分を観測し、関東では14年ぶりに12月の夏日となりました。
12月中旬以降も寒さの緩む日が度々あり、22日は四国や九州の所々で最高気温が20度を超えました。
1月は何度か強い寒気が入り、厳しい寒さの日もありましたが、この寒さは長続きせず、平均気温は西日本を中心に平年より高くなりました。
1月の降水量は、全般に平年より少なくなりました。

飛散開始時期と気温

2月4日は、北陸地方で春一番の発表があり、最高気温が3月並みから4月並みのところが多くなりました。
このため、2月4日は中国、四国や東海の一部で飛散開始が確認され、11日には東京都でも飛散開始が確認され、花粉シーズンがスタートしています。
そのほかの地点でも、飛散開始の定義にはあてはまっていませんが、わずかな飛散が確認されているところがあります。

西日本と東日本は、来週は気温が平年より高くなる見込みです。まだ飛散開始となっていない西日本や東日本の地点でも2月下旬から3月上旬にかけて飛散開始となりそうです。
厳しい寒さが続いている北日本も、2月下旬から3月上旬は気温が平年並みか高めで経過する見通しです。2月下旬には東北南部で、3月上旬には東北北部でもスギ花粉の飛散が始まるでしょう。

関連コンテンツ

gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ