教えて気象予報士さん

おしえて気象予報士さん

わたしたちの生活に欠かせない情報の一つである天気の疑問に2人の気象予報士が答えるコラム。(2008年4月終了)

なぜ虹がでてるの?

2007年06月20日

今回は「3児のママさん」の質問に気象予報士の太田さんにお答えいただきました。
梅雨の時期にはよく見る虹ですが、確かに虹って不思議・・・。いつも偶然にしか遭遇しない虹について勉強しましょう!

Q

今日、空に雨も降っていないのに、虹がでていました。どうしてでしょうか? 虹って、雨上がりの晴れた空で見られますよね!

A

虹ができる主な条件は、
・虹は太陽に背を向けて見た方向にできる。 
・虹は空気中の水滴に太陽光があたって、屈折、反射することでできる。

goo天気編集部:それでは虹が現れていた場所と自分が居る場所の間のどこかで雨が降っていたということになるのでしょうか?

はい、そうです。
虹は春から夏にかけて見られる回数が多いといわれますが、この季節はにわか雨が多く、せまい範囲で雨が降ったかもしれません。
水撒き中のスプリンクラーや滝の水しぶきで小さな虹が見えることがありますが、離れた所の水滴で虹ができる、という点では似ているかも知れません。

なぜ虹がでてるの?

2007年06月27日

小学生の遠足で覚えた「雨女」と「晴男」。 小さい頃はどっちにも憧れていました(笑)
迷信なのはわかっていますが、気象予報士さんはどう思っているのでしょうか。

Q

雨女(男)、晴女(男)って本当にいると思いますか?(主観でいいです)

A

あっ。これはいると思います!
イベントというとなぜか雨が降ってしまう人。雨の予報じゃないのに、出先で突然雨に見舞われる人。 逆に、この人がメンバーにいると、雨の予報でも必ず晴れる人など...

実は私にも”その気”がちょっとあって...実例は以下のとおりなんですが

その1 雨振りスカート
学生のときに気に入ってはいていた夏物スカート。
前がフレアで後ろがプリーツというちょっと変わったスカートだったんですが、そのスカートをはくと夕立に会う。
天気予報では晴れると言っていたのに、ゴロピカザーなんてこともありました。
その2 靴を磨くと雨
これは高校時代の話。学校指定の革靴をピカピカに磨くと、雨が降るというもの。
「せっかく磨いたのに、また、雨降っちゃったぁ」なんてことがよくありました。
名前的には「太」田「陽」子で晴れっぽいのですが、どっちも雨降りジンクスですね。

goo天気編集部:主観ではなく気象予報士としての観点で考えたときには雨女(男)、晴女(男)というのはやはり迷信なのでしょうか?

はい、迷信です。
ちなみに、天気予報の現場でも「”この人”が予報を担当するとなぜか天気が大荒れになる」っていう人がいますよ。

gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ