中部・北陸の天気

天気概況

2016年09月26日16時39分
名古屋地方気象台発表

前線が山陰沖から北陸地方を通り、日本の東海上にのびています。一方、日本のはるか東には高気圧があって、東日本から西日本に張り出しています。
東海地方は、曇りまたは晴れで、岐阜県を中心に雨の降っている所があります。
今夜の東海地方は、前線や湿った空気の影響により、おおむね曇りで、晴れる時間帯もありますが、雨の降る所があるでしょう。岐阜県では、雷を伴う所がある見込みです。
明日の東海地方は、前線が北上し高気圧に覆われるため、日中を中心に晴れますが、湿った空気の影響により雲が広がりやすく、朝晩を中心に雨の降る所がある見込みです。

2016年09月26日16時39分
新潟地方気象台発表
(気圧配置など)
前線が本州付近に停滞しています。(天気分布など)
曇り又は雨となっています。(今夜の天気
26日)
前線の影響を受ける見込みです。
このため曇りのち雨となるでしょう。(明日の天気
27日)
前線は東北地方南部をゆっくり北上する見込みです。
このため下越と佐渡では雨昼過ぎから曇り。上越と中越では曇りではじめ雨の降る所がありますが、午後は次第に晴れるでしょう。