小笠原諸島では、16日夜遅くまで高波に注意してください。
前線が西日本から東日本の日本海沿岸付近にあって、前線上の山陰沖の低気圧が北東へ進んでいます。また、東海道沖は気圧の谷となっており、関東甲信地方には湿った空気が流れ込んでいます。
東京地方は、曇りとなっています。
16日は、湿った空気や前線の影響により、曇りで夕方から雨の降る所があるでしょう。
17日は、前線が関東甲信地方を通過し、その後は西高東低の気圧配置となる見込みです。このため、雨で昼過ぎから曇りとなるでしょう。
【関東甲信地方】
関東甲信地方は、おおむね曇りで、関東地方北部を中心に雨の降っている所があります。
16日は、はじめ晴れる所もありますが、湿った空気や前線の影響により、曇りで雨の降る所があるでしょう。
17日は、前線が関東甲信地方を通過し、その後は西高東低の気圧配置となる見込みです。このため、曇りや雨となりますが、午後は甲信地方を中心に次第に晴れるでしょう。
関東地方と伊豆諸島の海上では、16日はうねりを伴い波がやや高く、17日はしける見込みです。船舶は高波に注意してください。(10/16 10:37発表)