せきがいがぞう【赤外画像】

気象衛星には可視光線や赤外光線などに感度をもつセンサーを搭載しているが、このうち赤外線での観測をもとに作られる画像のこと。この画像は気温の低いところほど白い画像となり、つまり雲頂高度の高い雲ほど白く写る。夜間でも撮影可能なため、テレビやwebの天気予報で用いられる気象衛星の画像はこのタイプのことが多い。(→可視画像)