じょうしょうきり【上昇霧または滑昇霧】

山腹をふき上げる空気は上昇するにつれ気圧が小さくなるために、膨張し、冷却される。その際、水蒸気が凝縮して霧となったもの。滑昇霧ともいう。