してい【視程】

水平方面で見通すことのできる距離。観測地点からの距離がわかった目標物があれば、それが見えるかどうかで視程を決めることができる。