お花見名所の天気

さくらの名所を選ぶ

北海道
東北
関東・甲信
中部・北陸
近畿
中国・四国
九州
沖縄
  • 沖縄本島
  • 宮古・石垣
  • 久米島
  • 南大東島

4月27日発表 日本気象協会の桜開花予想

2016年の桜前線は、22日に北海道の松前で開花し、津軽海峡を渡りました。
続いて、24日に函館、25日には室蘭と札幌で開花を迎えています。
北海道では、平年であれば開花から満開までの日数が3日前後のところが多く、函館では26日に満開を迎えました。
しかし、この先1週間の気温は平年並みかやや低いため、満開までゆっくりとしたペースになるでしょう。
いつもより長く桜を楽しむことができそうです。
また、5月に入ると帯広や旭川、留萌など、道北・道東から開花のたよりが届きそうです。

2016年桜開花予想

桜前線は平年よりも早いペースで進み、25日に開花した室蘭は観測史上2番目に早い開花となりました。
また、函館では26日に満開となりました。
札幌などでも4月中に満開となり、見ごろを迎えるでしょう。
5月に入ると、帯広や旭川、留萌で続々と開花する見込みです。
梅やたんぽぽも北海道で花を咲かせており、桜とともに楽しむことができるでしょう。
この先、北海道では天気が数日の周期で変わる見込みです。
低気圧の通過により天気が崩れる日があるため、ゴールデンウィーク中のおでかけは、こまめに天気予報をチェックしましょう。
晴れた日は特に朝晩の気温差が大きくなるため、体調管理に十分注意が必要です。
北海道の5月上旬~中旬の気温はほぼ平年並みとなり、桜前線はゆっくりと進む見込みです。
桜は根室で5月16日に開花する予想で、2016年の桜前線は約2か月に渡る旅を終えるでしょう。